Hotball通信

レジといいます。ウイイレのmyclubではレート300でのんびりプレー。このブログでは、マイクラブとTPについて記事にしていきます。マイクラブでは自分を監督やマネージャーに見たてて、妄想的なサッカーライフの記事になっています。

【TP】武者修行(昼の部)

最近向上心とともに、自分のプレーに危機感を感じています。

 

TPを本格的に始めたのが、昨年の8月。

そこからesLeagueを2シーズン体験。

TPの試合数も280試合に。

 

しかし、2シーズンを終えて残るのは手応えよりも危機感でしかない。

それはそうだろう。

esLeague4thはチームとしてまだ作られている状態だった。

5thでは現チームメイトがほとんど揃い、ポジション争いも勃発。

CBに志願し起用されるが、シーズン佳境でテコ入れ。

それによって、レジはSBへと押し出される形になった。

今、必要なのは経験と、確かな感覚。

経験が予測を生み出し、その中で「ここはこう」というセオリーを身につけることができる。

 

 

 

ろばさんのTPに初参加

そこで、ろばイレ代表のろばさんのTPに参加。


https://youtu.be/ay2i_6YdMoI

 

1試合目

CB  ファンダイク

f:id:regi-sb:20200427225141j:image

 

 

2試合目

RSB  ナチョ

f:id:regi-sb:20200427225221j:image

 

 

3試合目

リバプール:4ー3ー3

CMF:ナビ・ケイタ

評価点:6.0

 

 

4試合目

RSB  ダビド・フェンデス

f:id:regi-sb:20200427225450j:image

 

5試合目

CB  へルマン・ベッセーラ
f:id:regi-sb:20200427225845j:image

 

 

 

 

【感  想】

途中からストリームさんも参加。

3試合目は、4ー3ー3の左CMFのナビ・ケイタをレジが、LWGのサネをストリームさんが。

同じチームで近い位置関係でプレー。

レジに一番最初にTPの存在を教えてくれ、扉を開いてくれたストリームさんとの試合は特別。

普段チームメイトになることはないため、貴重な機会だ。

 

 

次の4試合目は、RSBのレジとLWGのストリームさんがマッチアップ。

個人のレベルの差が歴然の中、必死に食らいついて行くしかなかった。

 

 

総合的には、いつもなら一緒にプレーする機会のないリーグ1部のメンバーとのTP。

素晴らしい機会だった。