Hotball通信

レジといいます。ウイイレのmyclubではレート300でのんびりプレー。このブログでは、マイクラブとTPについて記事にしていきます。マイクラブでは自分を監督やマネージャーに見たてて、妄想的なサッカーライフの記事になっています。

いよいよ都道府県別対抗TPが本日から開催

TP、それは1つの夢の形。

サッカーの経験がなくても、

身長が低くても体格がひょろひょろでも、

どこに住んでいても、

国籍や肌の色、言葉が違っても、

大人でも子どもでも、

11人でチームを作り、まるでクラブのようにチームで活動する、対戦できるモード「チームプレー」。

 

 

夢のようなお話。

 

 

ほんまでっか!!

ほんまなんです。

 

そんなことできるんですか!?

できるんです。

 

 

 

 

GWに届いたまたとない好機

新型コロナウィルスのために外出が自粛され出掛けられないのが、今年のゴールデンウィーク

そんな中、ウイイレTP界で1つの企画が始まろうとしている。

 

 

都道府県別対抗でTPしてみないか!?

 

 

 

robayotubeさん、gonさん、イナゴさん、SIGEBISさんが運営を取りしきり4月下旬から募集が開始。f:id:regi-sb:20200502072455j:image

 

普段TPでリーグ戦を戦う者達が主となるが、チームの垣根を超えて自分たちの馴染みのある都道府県で即席チームを作り頂点を目指す。


f:id:regi-sb:20200502075101j:image

 

 

 

 

 

チーム分けで既に偏りも

都道府県によってはすでに集まるメンバーの偏りが顕著だ。

 

GK集団の埼玉

何じゃこりゃ強豪の東京

強いやん千葉

サッカー王国静岡

多すぎるやろ大阪、兵庫

など、募集メンバー一覧が発表されると一気に期待が膨らむ。

f:id:regi-sb:20200502075041j:image

 

 

 

 

TP人口の露出が顕著に

es League 6th開幕まではあと1ヶ月。

 

WSリーグは先日開幕したこともあるだろう。

GWで自宅で過ごす人が多いのかもしれない。

es Leagueの新シーズンに向けてのメンバー獲得もあるだろう。

 

これだけでもいつもより頻繁に対抗戦が開かれている。

そこに都道府県別対抗も来たから、TPロビーは部屋がいつも以上に立っている。

そしてこれまでのように配信者による企画によるTPもある。

新しくこれから始める人たちもいる。

今、ウイイレTP界は一種の波が来ている。

 

 

 

 

今夜から予選が開始

我がASVからも8人程が参加する。

大まかに言えばチームの半分~1/3が出場予定。

対戦は21時~24時。

H&A方式での2日に渡るグループリーグ。


f:id:regi-sb:20200502075026j:image


f:id:regi-sb:20200502075140j:image
f:id:regi-sb:20200502075143j:image

 

 

 

注目のポジション

レジの出場する京都は人数が少なかったため、滋賀、奈良、三重との合同チームになる。

それで18人。

何人かを除いてターンオーバーになると予測している。

 

開催前日に2時間だけ練習試合が行われた。

4試合中、OMF、RWGで2試合出場機会が用意されていたが、残留ながらレジは帰宅が間に合わず、最後の試合のみの出場となった。

 

RWGで出場した試合は0ー1で迎えた80分、まさかの試合がぶっ飛んでしまい、22人が強制的に対抗部屋へと戻されてしまう。

 

「PKを決めておけば、同点だった」

「誰がCFにふさわしい?」

「さっきより形が作れていた」

など、ポジティブな声が多かった。

 

 

たぶん、普段から交流があるメンバーが多いのだろう。

和気あいあいとしゃべっている。

普段接点がなく、遅れてきたレジは入り損ねた感があるが…。

 

 

このチームは想像以上にDF希望者が多い。

だから「意外と攻撃の担い手が少ない」とスカッドを組む者からはこぼれる。

レジは「どこでもいい」と希望ポジションを伝えていた。

だから、ポジションは攻撃的MF、FWになるだろう。

 

 

レジ

「DFはミスが失点に直結するから、安定感のある方々に任せます。

 

FW?できなくないですよ。

ポジション別の評価点は、断然DFよりFWの方がいいですからね。

それにこのところチームでもサイドハーフやCFになることも多いです。

ラ対やTP企画でも攻撃的なポジションをする機会を増やしています。

 

任せてもいいよと言って貰えることは、ありがたいです。

自分の動きが良いのかわからないけど、どうしたら良いか模索しながらやっていきたいです。

あと、守備にも貢献できたらなと思います。

そのせいで前半でガス欠気味ですが、一応守備への貢献も自分の強みなので。

 

即席のチームで私のようなプレーヤーにやれることなんて限られています。

シンプルなプレーをします。

少ないタッチではたく、ポジション取り、チャンスメイク、守備、それくらい。

だから、やれることを頑張ります」

 

 

いよいよ本日21時、一斉に火蓋が切られる。