Hotball通信

レジといいます。ウイイレのmyclubではレート300でのんびりプレー。このブログでは、マイクラブとTPについて記事にしていきます。マイクラブでは自分を監督やマネージャーに見たてて、妄想的なサッカーライフの記事になっています。

es League 6th 開幕ダッシュに成功

 今回は2020.06.06に開幕したes League 6thについて個人的な記事です。相変わらず記者視点で書いていきますが。

 

 

 

 【開幕にあたり代表がコメントを発表!?】

2020年はコロナウィルスの影響でいろいろなものが中止になる中、PS4ウイニングイレブンのes League 6thは予定通り開催。

それにあたり、当チーム(AS Vecchio=ASV)のさか代表がtwitterにてコメントを掲載。


f:id:regi-sb:20200704231625j:image

 こんなこと言うのだろうか?

チームの代表が通常リーグ戦開幕にあたってコメント出すのか?

私の目が節穴なのかもしれないが、あまり見たことがない。

それを普通にこなせる彼、これがチームメンバーからの求心力の高さの1つの理由かもしれない。

 

 

 

 

【第1節~6節まで】

es Leagueは土日に開催され、曜日で1部・2部に別れて試合が開催。

土日を週ごとに交互に開催される仕組み。

時間帯は23:00~24:00で、その1時間で2試合を開催。

 

対戦チームは事前に日程が発表されており、それに合わせて対戦をしていく。

使用するチームも運営側で日程同様に事前に決められているため、その週のライブアップデートの好調なチームを選択することが出来ず、時にはパッとしない選手揃いのチームで戦うこともある。

 

基本的に2試合開催されるうち、出場は1試合。

これはチームで異なり、ASVでは試合が行われる週に練習に参加した上で、当日参加可能メンバーから出場メンバーが振り分けられる。

替えの利かないメンバー、中心的なメンバーは2試合共に出場することが多い。

 

 

レジは、まず2節のFCユニコーン戦にRWGで出場。

アシスト・ゴールともに0。
f:id:regi-sb:20200704231642j:image

 

 

続いて3節・4節では、3節のDANDIES戦にRWGで出場。

この試合もゴール・アシストともに0。
f:id:regi-sb:20200704231707j:image

 

 

5節・6節は、6節のFC BUENOS戦にRWG出場。
f:id:regi-sb:20200704231929j:image



 

試合結果は、

1節 ASV 2-1 E.C.D 〇

2節 ASV 2-1 FC ユニコーン 〇

3節 ASV 2-1 DANDIES 〇

4節 ASV 3-1 WE310 〇

5節 ASV 3-1 GOAL 〇

6節 ASV 0-2 FC BUENOS ●

 

6戦で5勝1敗。

5節までは全勝で、開幕ダッシュに成功。

順位も得失点差で2位と健闘。
f:id:regi-sb:20200704232012j:image

 

 

 

そして活躍した選手に与えられるFP選出では、

ハットトリックを決めたCF 

開幕戦で活躍したLWG

が選出される。

さすが好調なチームだけに、選出される可能性も高まっている。

 

 

 

 

【抱える不満と不安】

チームが好調な中、レジは決して満足ではないようだ。そして不安も抱えているという。

チームが好調で好位置にいる中、DISCOの雰囲気も良い。

決してそれが不満なのではない。

 

彼が不満なのは、彼が攻撃的なポジションで起用されながら結果を出していないことだ。

結果とは、ゴールアシストのことだ。

自分を「歯車の1つ」「繋ぎ役が自分の持ち味と言うが、このポジションでは結果を出さなければならない。

同じ試合に出ている他の攻撃的プレーヤーが結果を残して行く中で、自分が何も残せていないことにフラストレーションを抱えている。

 

それと同時に、好調のチームに対し不安を感じているようだ。

誰も口にせず、もちろんこのまま全勝で終了するなどとは思っていないだろうが、近いうちにこの好調の波は切れる、そう感じているようだ。

 

レジ

「時々他のチームの方のランダム対抗などに参加させていただくのですが、普段やり慣れている訳でもなく、時には本来のポジションではないポジションにつくこともありながら、当たり前のように連携を取っていく。

その適応力もさることながら、個人の技術が高い。

何よりボールを運ぶスピードと技術が高い。

 今のチームは先制されても、同点にされても逆転して勝ち点3を獲得する粘り強さがあります。

それは本当に素晴らしいです。

でも、もう少しダイレクトプレーを増やし、パスの本数が増えてもいいから、近い距離でパス交換を行う回数を増やしていった方がいいような気がする。

それがチームの攻撃レベルをもう1つ上に上げてくれるのではないかと感じています」

 

 

ASV「走らずボールを繋ぐサッカー」を昨シーズン終了から力を入れてやってきた。

ただ走らなければ、当然選手の上りが遅くなる。

遅くなれば、チェックに来られやすくなる。

チェックが厳しければ、窮屈になったり、ボールを失う可能性が高くなる。

だから本数を増やすのだ。

迂回してもいいから、ボールを動かすことで時間を作る

ボールを回して時間がかかる分、ダイレクトプレーを増やし相手のチェックを掻い潜る。

そういうプレーをもっと増やすべきだとレジは考えているようだ。

 

彼は決して替えの利かない選手ではないし、彼個人的な感覚ではチーム内序列は低いと考えている。

とすれば、これまでのポジション変更も含めて、今のポジションも安泰ではないし、自分の力を出し切れているという自負チームからの信頼は得られないと感じている。

さらには現在離脱中の面々が戻れば、さらにポジション争いは激化するだろう。

その中で今のプレーで良いのかと聞かれれば納得はできないだろう。

そういう思いを抱えて、彼は次の試合に臨んでいくことになる。

es League 6thいよいよ開幕

開幕前に驚きのニュースが…

4月の中旬にes League 5thが閉幕し約1ヶ月半、ついに6thが開幕する。

その直前にアナウンスされたのは、

7thは3部制で開催

 

 

3部制!?

 

 

このオフの間に活動を休止したり解体するチームもあれば、新しく産声をあげたチームもある。

1部12チーム

2部18チーム

の2部制で開催される6th。

 

3部制になるとすれば、現在2部の我々も成績如何では7thは3部に落ちる可能性がある。

現在1部のチームでも、来季は2部になるかもしれないということだ。

 

単純に計算すれば、1部2部合わせて30チームを10チームずつに振り分けることになる。

そうなれば1部が12チームある以上、6thでは2部の8位までに入らなければ3部落ちとなってしまう。

5thを10位で終えた我々はギリギリの当落線上にいる。

 

 

 

メンバーに動き

5thを終えて6thを始めるに至り、我がASVにも動きがあった。

  • コロコロさんの退団
  • ひとみさん、のーのさんの回線不良による休止
  • シュガさんが多忙により離脱、副キャプテンを辞退
  • かっちぼーるさんの退団
  • かわうそさんの副キャプテン就任
  • ハンモーさん、もぎくんのDFリーダー就任
  • さくぞうさん、梅まよさんのレンタル加入

 

コロコロさんは引っ越しにより回線不良となり、TPのプレーを行えなくなり、チームを去る決断をされた。マンションなどの集合住宅は、22人で行うTPでは回線速度が上がらないことがある。

個人的には、近いポジションで連携を取ることが多かったメンバーなので寂しさを感じずにはいられない。

彼のプレーが好きだった。

 

ひとみさんのーのさんも引っ越しにより回線不良に悩まされることになった。

コロナと重なり、回線工事が思うように手続きできず、これを書いている今、まさに今工事が行われているらしい。

彼らがいない間に少しは上達できたのだろうか?

 

シュガさんASV設立から代表のさかさんの右腕として代表やチームを支えてきたメンバーだ。

メンバー紹介や試合などのアナウンスで作られる画像はクラブ外でも模倣されるほどのアイデアや精度がある。

仕事が忙しくなるため参加機会が減るという理由で、副キャプテンも下りることになった。

 

かっちぼーるさんの退団は予期できたとはいえ、初期から一緒にやってきたメンバーで、やはりやるせない。悲しい。

現実世界で力を注ぐべきことがあるため、そちらに集中するために籍だけ置いている状態からはっきりと答えを出した形。

タナッカムさんとかっちぼーるさんは2人とも北海道にお住まいで、北海道コンビでのプレーはDISCOも盛り上がってた。

 

ハンモーさんもぎたてさんはよくサッカーを知り、周りに的確に良いタイミングで声掛けをできている。

チーム設立以降問題となっていた守備、特にCB問題の打開策として2人がリーダーに選ばれた。

 

さくぞうさん梅まよさんはFC Noirに所属しているが、今シーズンは活動休止。

そこでNoirのメンバーは活動している楽しんでいるチームに今シーズンはプレーの場を求めた。

そしてさくぞうさんと梅まよさんがやってきた。

ASV初のレンタル加入選手だ。

2~3ヶ月すれば自分たちのチームへ戻るだけに、起用のポジションや頻度はどうなるだろう。

 

 

 

オフは人の動きが多くなる中で、普段はほとんど人の動きがないASV

固定したメンバーでチームを成熟させていたこの2シーズン。

今シーズンはメンバーに動きがあり、改めてグループとして構成しつつ、新たな風、刺激でチームがさらなる進化を遂げて欲しいものだ。

 

 

新たなTPグループ「TW」

行く宛もなくさ迷う=野良

深夜を過ぎてTPのラ対(=ランダム対抗)を探すも、いつものSOONさんのTPはやはり満員。

定期開催でマナー良く慣れたプレーヤーがいるのは、大きな魅力。

さらに深夜を超えて3時頃までやっているという点も他とは違う大きな強み。

こんな時間まで開催されているTPは、まずない。

 

  

 

目を疑う数々

新規開拓するしかないと、幾つかのTP部屋を物色。

※物色=部屋メンバーのTP消化試合と評価点をチェック。

 

物色する理由は、安心してプレーできるかどうかを見定めるため。

やってみないとわからないというのもありますが、試合数があまり少ないと「サブ垢」か「未経験者」が疑われる。

未経験者の場合、ゲームそのものが成り立たない可能性がある。

さらには、試合数や評価点でどのくらいの頻度、質でプレーできているかがわかる。

※TPは基本ポジションを固定して行う為、ポジションの役割を捨てて自由に動くとフォーメーションが崩壊してしまい、役割を全うできなくなる。

 

もちろん私自身評価点は低いので、偉そうに言えたきりではない。

だが、1000試合以上している猛者ばかりの所に入っても足手まといになるし、自分としても得るものが少ない。

自分のレベルに合ったプレーをできることが最も大事だ。

 

 

部屋のタイトルを見る限り、TPに不馴れなプレーヤーたちがグループを作り、アウェイでプレーしてくれる人間を待っているようだ。

だから「野良はアウェイへ」と部屋タイトルに書かれている。

野良…って。。。

言葉のチョイスに、少し不安を感じる。

※配信者の口が悪い、言葉のチョイスで、雰囲気的に避けたい部屋もあります。

 

 

さて、部屋に入ってみると、まず驚く。

「試合を始めます」→「乃木坂は好きですか?」というやり取りから、「ちゅきです」「○○推しでと来るではないか。」

何だこの部屋…。

 

乃木坂推しのグループだったのか。

 

ヤバイ所に入ったかも(汗)

当然のごとく、アウェイのメンバーはスルーで無反応。

別に乃木坂はどうでも良くて、TPがやれればそれでいい。

 

 

Youtubeで配信をしているというではないか!!


f:id:regi-sb:20200606101024j:image

行ってみると、11人のオタクがバカ騒ぎしている。

おいおい、大丈夫か…。

 

 

案の定、始まってみるとTPの不馴れさ全開。

アウェイに面白いようにやられ、戦犯をいじる。

やれやれ、とんでもない所に来てしまった。

もう出よう、と密かに思う。

 

 

 

 

 

何故か憎めない、わいわいの一体感、それが彼らの魅力

TPに不馴れなオタクがプレーしている

自分のレベルにあってない

配信がバカ騒ぎ

さらには、アウェイプレーヤーがポジションを守らない

もう十分です。

 

 

ところが、この深夜2時近くでTPのラ対を開催している部屋は多くはない。

だから、知らないうちに人がやってきてしまう。

もう少しやるか。

 

 

しかし、弱い!!

アウェイが日本代表にしても、彼らは負け続ける。

得点が取れない。

失点が多い。

それでは勝てない。

しかも、アウェイの日本代表選択はTWが指定してきたのだ。

「恥ずかしいけど」と言いつつも、日本代表選択を指定する辺りは勇気があると見るべきか、あつかましいと見るべきか。

 

 

配信を聞いているうちに、TPの進め方やプレーでわからないことが多いのだとはっきりわかる。

私の悪い癖で、そういう人には声をかけてしまう。

 

「早くボールを手放さないと、攻撃の選択肢がなくなってしまう」

「ボールがもらえる距離感を意識しないと、ボールをもらえない」

など。

 

 

彼らはTPがわからないことについて、とても素直だ。

指摘をアドバイスと捉える。

そしてそれを実践しようとする。

見ていて好感が持て始めた。

さらには試合をこなしていくうちに、オタク色は消えてTPを楽しむプレーヤー色が強くなっていく。

乃木坂好きだとは言え、彼らは元々ウイイレの1onでそれなりの力を持つプレーヤーたち。意識が修正されれば、動きの質も変わっていく。

さらに、指摘を受けてすぐ改善されるわけではないが、弱くてもTPを楽しんでいる彼らの配信は惹き付けられる。

 そして、その雰囲気は本当に楽しんでいるのだと心から感じる。

 

思い返してみて。

最初はどうだった?

自分だって、最初は何もわかってなかった。

何もできなかった。

誉められることなんてなかった。

自信がある程度ついてきたのも、最近の話だ。

誰かに手を差し伸べてもらって、導いてもらったじゃないか。

以前の自分と彼らが少し重なって見える。

 

 

気がつけば、3時

もうさすがにこの時間TPをやっている部屋はない。

どんどん入ってくる。

中国の方々も連れに声かけて入ってくる。

部屋は22人、満員。

TWも、まさかの展開に盛り上がる。

まさか満員御礼とは!!!

 

 

TPも配信のタイトルにも驚く…。

TWが野良をボコボコにします

嘘だろ、おい…。

 

 

配信終了時、みんなが疲れ果てた。

時計は4時を指す。

4時?

もう朝やん!!!

 

でも、やめられないんだよね。

そういう楽しみを彼らもこのTPというウイイレのスタイルに感じたようだ。

乃木坂が好きだというグループが一体となり、他のグループに挑む。

やりがいを感じないはずがない!!!

 

【TP】都道府県別対抗 2日目

記事を作成する頃には、もういつもの日常に戻っていることだろう。

都道府県別対抗TP1日目を素晴らしい戦績で終え、グループ2位の勝ち点9で終えた近畿連合(京都、滋賀、奈良、三重合同チーム)。

 

ちなみに、1日目終了時のグループ5チームの戦績と順位は、

1位  愛知    4勝(勝ち点12)

2位  近畿連合   3勝1敗(勝ち点9)

3位  埼玉②    2勝2分(勝ち点8)

4位  宮崎・鹿児島    2分2敗(勝ち点2)

5位  静岡    4敗(勝ち点0)

 

 

近畿連合はチーム代表が「1勝できれば上出来と思ってた」というほど、予想外の大健闘。

一方、前評判と大きく異なったのは静岡。

TPの猛者の集団としてグループ首位突破候補と目されていたが、まさかの全敗。

ディスコでも主要メンバー2人以外会話がないという静まりかえり。

だが2日目は、1日目とはまったく違う流れになる。

 

 

 

 

 

【首位愛知との決戦】

2日目初戦は全勝で首位の愛知と。

ここにはASV代表さかさんと、そのチームメイトであるフレブルさんがいる。

そして2日目は替えの利かないメンバーの1人、シルバさんが不在。

その他のメンバーも出れないメンバーが出て来て、レジの出場試合数も増えた。

相変わらず4ー1ー3ー2のRMFだが、中に絞りすぎてカウンター時に右サイドにボールが出されなかった。

そしてちょっと上手いこと繋げるようになると欲を出し、ミスが増え始めた。

 

 

 

 

 

【逆襲の静岡】

愛知に2試合で勝ち点1しか取れなかった。

そしてノリ始めている静岡、

しっかりパスを繋いで回す静岡に振られまくった近畿は2連敗。

これでグループリーグの自力突破はなくなった。

このあとの結果で、グループリーグにて敗退が決まる。

早かったが、近畿勢の冒険は終わった。

 

 

 

 

【感想】

リーグ戦に慣れ、さらには1部に属する経験者の中でプレーすることは、やはり緊張感がある。

メンバー内には顔見知りもそれなりにいるようだが、名前は知っていても初顔合わせが多かった。

それでもこうやって愛着のある場所から生まれた絆や時間は、これからのTPにおいて広がりを持たせたと言える。

 

【TP】都道府県別対抗TP 1日目

ついに開幕した都道府県別対抗TP、グループステージでのASV同士での対決は、愛知の坂さんとフレブルさん。

これは2日目の第1、2試合の予定で、これも楽しみ。

では、早速1日目の結果から。

 

 

 

【第1、2試合  ×埼玉2】

初戦は強豪、埼玉2。

robaさんなど数々の聞き覚えのあるプレーヤーがずらり。

近畿連合はスケジュール上、22:00からが初戦。

レジは1試合目はメンバーから外れるが、近畿連合が何と2ー0で勝ち点3を獲得。

 

そしてレジが出場の2ndレグ。f:id:regi-sb:20200503193927j:image

使用チームはフランスで、4ー1ー3ー2のRMFに入ったレジはマテュイディを選択。

マテュイディなのでポジションはCMF。

 

練習からアンカーの両脇をボールサイドと逆のサイドハーフが中に寄せてスペースを埋めるように指示があり、ちょっと入りすぎかというほどにカバー。

これはASVでも同じですぐにプレーに反映できたが、中に入った分ボールを奪ってからサイドに開くまでに時間を要しワイドに張るように指示が出るときも。

 

守備においては上記のアンカーのフォローと、パスコースのカットがメイン。

中を切るのか、サイドを切るのか迷いもするが、中を切りつつボールはサイドラインへと。

上手く行けば、SBと挟んでボール奪取。

 

2点を先制し1点返されるも、2ndレグも勝利で克2連勝。

「1勝できれば良いと思ってた」

という首脳陣の予想を裏切る好発進。

 

 

 

 

【第3、4試合  ×宮崎・鹿児島】

この試合もフランスを使用し、RMFのレジはトーヴァンを選択。

f:id:regi-sb:20200503195836j:image

この対戦も初戦はメンバー外。

1戦目を0ー02ndレグに出場。

これが奇妙な試合に。

 

幸先よく2点先制するのだが、これがまずかったのかもしれない。

決して気が緩んだ訳ではないが、オウンゴールで2点献上。

全得失点を自分たちで叩き出す奇妙な試合は2ー2でドロー。

負けはしなかったが、このドローがこの後に繋がっていくとは…。

都道府県別対抗TP開幕

【いよいよ開幕】

f:id:regi-sb:20200502233349j:image

2日間で8試合のグループリーグが開幕。

埼玉2、静岡、愛知とのグループリーグ。

初戦は1時間遅れの22時スタート。

 

 

 

アップは21時から2試合。

相手を務めるのは、優勝候補の福岡。

1試合目を4ー1ー3ー2で戦う。

 

前日、4ー1ー2ー3で練習試合を行うも、どうもバランスが悪いという認識できる一致。

中盤が厚くなり、中央に2人のFWが並ぶこのフォメは今作最強フォメ候補の1つ。

レジのポジションはRMFの一択。

あとは選手次第でRMFかCMFに変えるだけ。

 

練習試合を行ったレジの感想はポジティブだ。

「何とかついていけてると思う。

いつもASVでやってるフォメだから、動きも何となくわかるし、周りも最低限の要求をしてくれるから、やりやすい。

気を遣いつつも、ここはこうして欲しいという感じで。

普段のプレーが本当に役に立ってるし、最近攻撃的なポジションをやっておけたから守備の追い込みも迷わずにできている」

 

 

さあ、いよいよ開幕戦だ。

いよいよ都道府県別対抗TPが本日から開催

TP、それは1つの夢の形。

サッカーの経験がなくても、

身長が低くても体格がひょろひょろでも、

どこに住んでいても、

国籍や肌の色、言葉が違っても、

大人でも子どもでも、

11人でチームを作り、まるでクラブのようにチームで活動する、対戦できるモード「チームプレー」。

 

 

夢のようなお話。

 

 

ほんまでっか!!

ほんまなんです。

 

そんなことできるんですか!?

できるんです。

 

 

 

 

GWに届いたまたとない好機

新型コロナウィルスのために外出が自粛され出掛けられないのが、今年のゴールデンウィーク

そんな中、ウイイレTP界で1つの企画が始まろうとしている。

 

 

都道府県別対抗でTPしてみないか!?

 

 

 

robayotubeさん、gonさん、イナゴさん、SIGEBISさんが運営を取りしきり4月下旬から募集が開始。f:id:regi-sb:20200502072455j:image

 

普段TPでリーグ戦を戦う者達が主となるが、チームの垣根を超えて自分たちの馴染みのある都道府県で即席チームを作り頂点を目指す。


f:id:regi-sb:20200502075101j:image

 

 

 

 

 

チーム分けで既に偏りも

都道府県によってはすでに集まるメンバーの偏りが顕著だ。

 

GK集団の埼玉

何じゃこりゃ強豪の東京

強いやん千葉

サッカー王国静岡

多すぎるやろ大阪、兵庫

など、募集メンバー一覧が発表されると一気に期待が膨らむ。

f:id:regi-sb:20200502075041j:image

 

 

 

 

TP人口の露出が顕著に

es League 6th開幕まではあと1ヶ月。

 

WSリーグは先日開幕したこともあるだろう。

GWで自宅で過ごす人が多いのかもしれない。

es Leagueの新シーズンに向けてのメンバー獲得もあるだろう。

 

これだけでもいつもより頻繁に対抗戦が開かれている。

そこに都道府県別対抗も来たから、TPロビーは部屋がいつも以上に立っている。

そしてこれまでのように配信者による企画によるTPもある。

新しくこれから始める人たちもいる。

今、ウイイレTP界は一種の波が来ている。

 

 

 

 

今夜から予選が開始

我がASVからも8人程が参加する。

大まかに言えばチームの半分~1/3が出場予定。

対戦は21時~24時。

H&A方式での2日に渡るグループリーグ。


f:id:regi-sb:20200502075026j:image


f:id:regi-sb:20200502075140j:image
f:id:regi-sb:20200502075143j:image

 

 

 

注目のポジション

レジの出場する京都は人数が少なかったため、滋賀、奈良、三重との合同チームになる。

それで18人。

何人かを除いてターンオーバーになると予測している。

 

開催前日に2時間だけ練習試合が行われた。

4試合中、OMF、RWGで2試合出場機会が用意されていたが、残留ながらレジは帰宅が間に合わず、最後の試合のみの出場となった。

 

RWGで出場した試合は0ー1で迎えた80分、まさかの試合がぶっ飛んでしまい、22人が強制的に対抗部屋へと戻されてしまう。

 

「PKを決めておけば、同点だった」

「誰がCFにふさわしい?」

「さっきより形が作れていた」

など、ポジティブな声が多かった。

 

 

たぶん、普段から交流があるメンバーが多いのだろう。

和気あいあいとしゃべっている。

普段接点がなく、遅れてきたレジは入り損ねた感があるが…。

 

 

このチームは想像以上にDF希望者が多い。

だから「意外と攻撃の担い手が少ない」とスカッドを組む者からはこぼれる。

レジは「どこでもいい」と希望ポジションを伝えていた。

だから、ポジションは攻撃的MF、FWになるだろう。

 

 

レジ

「DFはミスが失点に直結するから、安定感のある方々に任せます。

 

FW?できなくないですよ。

ポジション別の評価点は、断然DFよりFWの方がいいですからね。

それにこのところチームでもサイドハーフやCFになることも多いです。

ラ対やTP企画でも攻撃的なポジションをする機会を増やしています。

 

任せてもいいよと言って貰えることは、ありがたいです。

自分の動きが良いのかわからないけど、どうしたら良いか模索しながらやっていきたいです。

あと、守備にも貢献できたらなと思います。

そのせいで前半でガス欠気味ですが、一応守備への貢献も自分の強みなので。

 

即席のチームで私のようなプレーヤーにやれることなんて限られています。

シンプルなプレーをします。

少ないタッチではたく、ポジション取り、チャンスメイク、守備、それくらい。

だから、やれることを頑張ります」

 

 

いよいよ本日21時、一斉に火蓋が切られる。